KING JIM pomera

最近になって CM の 「文字を打つこと。それだけ。」 というフレーズが気になって pomera とは何だろうと思っていたら 2008年11月 (半年も前というのに驚き)に 株式会社キングジム から発売され 3 万台の出荷を超える人気商品だと知って更に驚きました。
外見は折りたたみ式の パピヨン とか Reudo RBK-500U のようなキーボードに 4 インチの画面(モノクロ液晶というのが懐かしい)が付いた製品で、文字を入力することのみが出来る製品という割り切りが素敵です。


あくまでも文房具としての位置づけなのだろうと思うのが 2 本の単 4 電池で約 20 時間も使えるという点で、ノート PC や UMPC とは目的が違うのだという点です。バッテリーの残量を気にせず使えるのは、仕事で使う方には重要な要素ですよね。文字入力の快適さに重要なキーピッチですが pomera は約 17 mm ということで、数値の上ではパピヨンの 16 mm と RBK-500U の 18 mm の中間にあたります。
議事録などをボールペンで書いてから、会議の後にパソコンで電子化してメールで送信するような作業が無駄だと思っている方には最適な製品だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です