URL変更の検討開始

当サイトでも利用している ZiVE DNS サービス の有料化が2005年1月6日に突然発表になりました。

昨今の社会情勢下、残念ながらZiVEサービスの匿名性を悪用した利用が日増しに拡大しております。また、そうした利用によってホスト情報の更新が出来ない、メールの遅延が発生するなど、ZiVEサービスが本来提供すべき機能が滞る事態も発生しております。
つきましては、こうした現状を改善し、適切に使用されているユーザの方々に必要なサービスを提供するために、有料化を行いたいと考えております。有料化によるメリット、デメリット、サービスの変更など、詳細が決まりましたらまた告知いたしますのでよろしくお願いいたします。


長年愛用してきたドメインですが、昨日も数時間に渡りAレコードの更新が出来ずアクセス不能となり、障害確認のメールを送信しても音沙汰の無い状態でした。2004年12月18日から障害情報も更新されていませんし。日曜日だったので24時間365日の運用体制が無いのかと思いました。
有料化には反対では無いですが、有料化の前提としてインフラの強化や24時間365日の運用体制の拡充と、他社の相場から掛け離れた利用料(不採算サービスだから、あえて高値を付けてユーザの解約を進めようとしているのかと思いました)の見直しが必要だと思います。数十万アクセス/月を頂いているドメインなので残念なのですが、今後のザイオン社の方針によりドメイン変更を検討する事にいたしました。

2 thoughts on “URL変更の検討開始

  1. ZiVEのダイナミックDNSの負荷高騰は転送メール機能が影響しているでしょうから転送メール機能を閉塞すべきでしょう。
    また、SPAM的な用途で使い逃げ的な使用をする人を防ぐため月額500円という価格設定はともかく、1年契約で2,000円(それでも市場価格より高いですが)などのプランを用意するべきですね。あと、当然ですが有料化した後は「定期的にログインしないとアカウント削除」の制限は解除する必要がありますね。
    これらが解決されれば継続してZiVEのドメインサービスを使う事も検討したいと思います。
    ZiVEのドメインサービスでザイオン社の認知度を広めたのは事実だと思いますから、ここで同社の社会的評価を落として欲しくないですね。
    因みにAレコードの更新が出来なかった事につき同社に質問メールを送り回答メールが帰って来ましたが「2/20の12時ごろからシステムに異常があり、発生していました。2/21の1時ごろには正常に復旧しています。ご迷惑をおかけいたしました。以上、よろしくお願いします。」との返事でした。これってトップページのNEWS欄に障害情報として何故広報されないのか不思議で仕方がありません。

  2. 無料ダイナミック DNS サービスだった ZiVE から無料サービスの停止日(有料化日)が 2005年5月31日 と正式に公表されました。有料化によるサービス強化の目玉は特に発表されず「安定化のため」という理由だけのようです。発表されたのは月額 525円(税込) の上に、初期費用が 1,050円(税込) との費用設定でした。月額の高さに驚いていましたが初期費用がこれまた高いと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です