coLinux が便利

linux

Solaris や Linux の shell スクリプトやプログラムを Windows で作成することがあります。正式なテストの前は Windows で VMware や Virtual PC を使っていましたが、開発用の PC はメモリも小さいので仮想 OS に大きなメモリを割り当てられず、仮想 OS が故の動作速度に不満がありました。
Windows で Unix ライクな環境というと最初に思いつくのは cygwin になりますが機能的に不足なので、今更ですが coLinux (Cooperative Linux)に辿り着きました。


何より起動が速いし coLinux の動作中も Windows が殆ど遅くならない。Windows とのファイル共有も samba を入れなくても cofs ファイルシステムで NTFS を read write モードでマウント出来ました。これで開発作業の効率も上がりそうです。
私は TeraTerm で接続するだけなのでベーシックな coLinux からディストリビューションを導入しましたが GUI を使用する方は andLinux などが便利かも知れません。

One thought on “coLinux が便利

  1. Cygwin―Windowsで使えるUNIX環境

    Cygwin―Windowsで使えるUNIX環境
    本当は「WindowsでUnixを使う本」を紹介したかったんだけ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です