Skypeバージョン1.2は便利

Skype ( Windows 版 ) のバージョン 1.2 が公開されました。

コンタクト情報へのアクセス方法の改善である。これまでSkypeのコンタクト情報はローカルに保存されていたため、複数のデバイスを利用している人はコンタクト情報を設定しなおしたり、転送する必要があった。バージョン1.2では、アカウントにログインした際に自動的にコンタクト情報が取り込まれるセントラル・コンタクトリストとなっている。また、コンタクト機能は、Outlook、Outlook Express、MSN Messenger、Operaなどからのインポートをサポートするようになった。

これまで多くのユーザが不便に思っていたコンタクト情報のローカル保存の仕様が、やっとサーバ保存できるようになりました。これは便利!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です