UMID mbook 日本版

umid

話題のネットブックが 1kg 前後なのに対して 315g という驚きの小ささの Intel Atom プロセッサ搭載の Mobile Internet Device mbook が韓国の UMID 社から発売されています。大きさとしては電子辞書(例えば CASIO XD-SF4800 で電池込 280g なので)くらいなので、持ち歩いても鞄が膨らまないサイズが魅力です。RAM が 512 MB か 1GB ということですが Windows XP なら 512 MB でも通常のビジネス用途には足りると思います。SSD の容量を減らした Linux 版もあるようなので Web や メール 中心の利用では Linux 版も良いかも知れません。


2009年3月下旬 に日本発売という話でしたが、韓国版以外の最初の出荷となる、オーストラリア版と香港版が5月に延期(米国版は不明)になったそうなので、日本版も出荷が遅れているようです。日本での販売店舗で色々と騒動があったようですが、非常に興味深い機種であることは間違いないです。これだけ筐体が小さいのに肝心のバッテリ稼動時間も約 5~6 時間ということで、同性能のネットブックより若干の割高な価格帯ですが、この小ささは日本版の早い出荷が楽しみです。
実際の使用感などは、韓国版の先行発売で mbook を入手された TEMP3 さんの MBOOK M1 のサイトが参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です